せんちょのひげ脱毛をしよう!

 

 ザイフトークン大好き、せんちょです。

 今回は、ひげキャラなのに「ひげ脱毛」している私のお話です

 

1.せんちょのひげについて

 

 初めて会ったときはこんなのを想像してたんですが、完全に裏切られました!

 ひげないじゃん!笑

「こんなの」

 

 意外性の男ということで・・

 2年前まではひげあったよ 笑

 

 これは詐欺です、訴訟案件ですね 笑

 それはそうと、なんで「ひげ脱毛」なんですか?

 

 

 最近、よくネタに上がるもんで、ついつい 笑

 なんか「ひげ脱毛」って需要あるみたいで、ちょいちょい問い合わせきます 笑

 人がどれだけひげそりに時間をかけているか考えたことありますか?

 20歳から80歳まで、1日5分を費やすとしましょう。

 5分×365日×60年分=76日

 つまり死ぬまでに76日はひげをそっている計算になります。 

【経費】 年間 60年分
シェーバ 5千円 30万円
クリーム 3千円 18万円
48万円

 ※替え刃は定価に近く高額、本体買うほうが安いので毎年買い替えてます。

 経費も一生分で50万円近い金額となっています。

 

 そう考えると「ひげ」ないほうがいいんじゃない?

 という考えが頭をめぐりました。

 私は朝6時に起きて家族の朝食を作ります。

 子供のいる家庭の朝は「戦場」と化します。

 同じ5分でも「朝と昼夜」では重みが違います。 

 「朝の時間が欲しかった」というのがやろうと思ったきっかけです。 

 私はひげ脱毛以外にも「イボ」「ほくろ」のレーザー除去をしており、いずれも良好だったことから「ひげ脱毛」の抵抗感もありませんでした。

 脱毛方法についても同じ「YAGレーザー」だったので安心感もありました。


2.ゴリラクリニック!?

 実際にどうやって進めていったんですか?

 私がやっているのは「ゴリラクリニック」というひげ脱毛専門のところになります。

 ゴリラ!、いかにもな名前ですね。強そう 笑

 

 

 ネットで見つけて5回コース(鼻下、アゴ、アゴ下、ほほ、もみあげ、首)を「13万円」で試しました。

 5回が終わった時点で確実にひげの本数が減少していることが確認できました。

 継続して20万円ほどで4年間無制限コースを契約しました。

 ※今は「ヒゲ脱毛完了コース」というものに変わっており、コース終了後は1回100円で受けられる破格のコースとなっています。

 法規制(クーリングオフ)の関係で「無制限コース」というのができなくなってしまったようです。

 また、このクリニックは「ホリエモン」さんも利用していたそうです。

 ※ホリエモンさんは以前に仮想通貨取引所Zaifの技術アドバイザーをしていたそうです。笑

「長野県の例のあそこ」に入所していた時、15分というわずかなお風呂の時間でひげそりを終えないといけないとの話もあり、脱毛には興味を持っていたそうです。

 最終的に全身脱毛までいったようですが笑

 むりやり仮想通貨とZaifに絡めてきましたね。 笑

 他にも、元阪神タイガースの「亀山さん」、アンジャッシュの「小嶋さん」など芸能人の方も利用しています。

 他にもほうれい線やAGA(薄毛)治療もあるようです。

 

 ひげ脱毛については「回数を重ね」「徐々に本数を減らし」「照射効率を上げてゆく」という工程が必要となります。 

 顔周りのひげは「生命力が強く」「密集度が高い」ため「レーザーの熱が拡散」して効果が半減してしまいます。

 実際に脱毛をするとわかるのですが5回程度でなくなることはないでしょう

 現在10回目を終えています。

 私の場合「完全にひげをなくす」を目標にやっていますので20回程度を考えています。


3.ひげ脱毛のサイクルについて

 

 ひげ脱毛のサイクルについて話しますね

①レーザー脱毛をする。

②3週間目にひげがポロポロと抜け始めます。

③再生力の高いひげが再生するまでに約12週間

④①に戻る。 

 私の場合4年間無制限コース+5回コースですので

 (52週×4年÷12週に1回)+5回=22回

 予定通りの回数をこなせる計算となります。


4.ひげ脱毛の効果について

 せんちょ、実際にやってみてどうだったんですか?

 

 

 正直なところ、なんで20代の時にやっておかなかったんだろうと後悔しました。笑

 費用対効果が抜群すぎます。

 今現在10回目となりますが実施する前と後では「ひげの量」が少なくなり、「ひげそりの間隔」が長くなりました。

 特に以前は毎日ひげそりをしても先輩に「ひげそったほうがええぞ」と言われていました。

 それぐらいひげがすごかったのです。

 今は「まばら程度」「ひげそりの間隔は4日に1回」となりました。

【脱毛前】

ひげをそった状態

鼻下、唇下、あごひげ有

【脱毛10回目】

ひげをそった状態

鼻下、唇下、あごひげ無

 

 ひげ脱毛はじめて2年、ほうれい線が増えとるー!!涙

 確実に年とってることのほうがショックだわ笑


 

5.ひげ脱毛のメリット、デメリット

 

 いいことばかりではありません、メリット、デメットを説明します。

メリット

①ひげが減る

②青髭がなくなり見た目が若返る。

 (加齢によるものは除く)笑

「お父さんスリスリしてー」と子供が寄ってくる。

 (ここ重要)

デメリット

①費用がかかる

②時間がかかる

肌荒れ、やけど、シミなどの可能性になる場合もある

こどもがいうと聞かない時の「ひげジョリジョリ攻撃」ができなくなる。

 (ここ重要)


 

6.レーザー治療について

 

 レーザー治療の方法については現在2種類あります。

 レーザーの照射方法については「YAGレーザー」「メテオスターNEXT PRO」の2種類があります。

 「YAGレーザー」

 

・昔ながらの治療でレーザーの蓄熱により毛根にダメージ与える、医師免許が必要な医療行為。

・十分な知見とデーターから有効性、安全性が高いと考えられている。

 

ひげの濃い人はこちらがおすすめ

 

・レーザー照射範囲が限定的であるため、照射漏れがある。回数をこなして範囲をカバーする必要がある。

 

・治療の状況をわかりやすくいうというと、口にくわえたゴムを引っ張ってパッチンされているような痛みが15分続く。

 

鼻下は泣くほど痛い。

 

・治療がおわると「髪の毛が焼けたような匂い」がしていろいろ実感できる

 「メテオスターNEXT PRO」

 

・最近に開発された治療で毛根ではなく毛根にエネルギーを与えている「バルジ」という部分にダメージを与える。 

 

・知見とデーターから有効性と安全性が高いと考えられているが、十分な確認期間がないため

 「エビデンス不足(証拠・根拠)」が薄いといわれることが多い。

 

・ひげの薄い人や、YAGレーザーの痛みに耐えられない人はこちら。

 

・レーザー照射範囲は限定的であるが、レーザーを移動させつつ連続照射であるため打ち漏らしが少ない。

 

・治療の状況はYAGレーザーほどの出力ではないため、つまようじでチクチクされている感じが15分続く。

 

・それほど痛くない。

 

 両方とも試しましたが、鼻下などの濃い部分については「YAGレーザー」に軍配が上がります。

逆に「うぶ毛」などの薄いところは「メテオスターNEXT PRO」で一掃できました。

   状況に応じて使い分けたほうがよいかと思います。

 YAGレーザーは「焼き尽くす」

 メテオスターは「兵糧攻めにして枯れるのを待つ」

 私はこう感じました。


7.痛みの緩和について

 レーザー治療については「熱を用いて焼く」という方法から、どうしても「痛み」をともないます。

 ただし、痛みを緩和させる方法があります。

 麻酔の一つになりますが「笑気ガス」を使います。

 亜酸化窒素と医療用酸素を使用している全身麻酔になります。

 マスクから吸引しますが、これを使用すると、「頭がぐるぐる回るような酔った状態」となり痛みに対して鈍くなります。

 私はこれを使用して痛みに耐えていますが、これなしでは耐えられる気がしません 笑

 このあたりについては、脱毛サロンにはない、クリニックならではの処置方法ではないでしょうか。 


8.せんちょからみんなにつたえたいこと。

 

 実際にやっているからこそ伝えられることがあります。

 朝の限りある時間を有効に使える、カミソリ負けの苦労をせずに済んでいる、それほど手間暇をかけなくてよくなった。

 本当にやってよかったと思える「ひげ脱毛」

 「ひげが濃い」というコンプレックスすら無いものにしてしまいました。

 もっと若いころにやっていればよかったと本当に思います。

 「青ひげ」や「腕や足の毛が毛深い」ことで悩んでいる人も多いと思います。

 興味はあるけど「なんだか怖い」、「あやしい」と思っている人もいるかと思います。

 当然ながらデメリットも存在しますので、まずは「無料カウンセリング」で事前説明などを受けてから行いましょう!

 不安な気持ちはわかります、私がそうでしたから。

 ヤッテテヨカッタ ひげ脱毛笑

 新しい世界を経験してみるのもよいかもしれませんね。

 

↑こちらから私がやっているゴリラクリニックへ移動できます。

 ホームページのぞくだけでも結構、面白くタメになります。笑


 

ひげ脱毛にInsert Coin


 

 

 

   

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。