ブロックチェーン推進協会「トークンエコノミー部会長」にテックビューロホールディングスの責任者が就任!

せんちょ
 ザイフトークン大好きせんちょです。

 ブロックチェーン推進協会の活動に「テックビューロホールディングス」が参加したそうです。

 「トークンエコノミー部」とはどんなものなのか見てみましょう。

 はじめての人にもわかるようにやさしく説明しますね。

1.ブロックチェーン推進協会とは

せんちょ
 テックビューロ(株)が副代表を務める「ブロックチェーン推進協会」について説明します。

 簡単に言うと「ブロックチェーン技術」に特化した普及活動団体といったところです。

目的

・ブロックチェーンに関する

 

①「普及」

 

②「適用領域拡大」

 

③「技術進化への寄与」

 

④国際競争力の増進

 

活動内容

・ブロックチェーンに関する

 

①「情報収集」「情報交換」「情報提供」

 

②「試用評価」「提案」「事例作成」

 

③「ノウハウ蓄積」「共有」

 

④「報告書作成・公開」

 

⑤「知識や経験の伝播」

 

⑥「ポータルサイト構築」

 

⑦国内外の他組織、他団体との連携協力

 

会員数

・230社以上

 (平成30年8月現在) 

 

 一部ではありますが、会員の業務内容を確認してみました。

 

①農業

②企業研修

③労働派遣

④ゲーム

⑤銀行

⑥情報通信

⑦不動産

⑧WEB・ネットショップ製作

⑨仮想通貨取引所

⑩法律事務所

⑪流通

⑫証券会社

⑬労務サービス提供

⑭株式システム

⑮金融・証券

⑯セキュリティー

⑰新聞

⑱電力

⑲ソフトウェア

⑳保険

㉑信用情報サービス

㉒インターネット

㉓パソコン用品

㉔特許事務所 

 

せんちょ
 いろいろな業種の企業が集まっています。

 「ブロックチェーン」をどうやって事業化するか模索している企業が加盟しているように思われます。


2.部会について

せんちょ
 いろいろな形で普及・啓発が必要になったそうです。

 各分野ごとに「部会」が設置されています。

 今現在、設置されている部会は以下のとおりです。

・トークンエコノミー

・金融

・スマートシティ

・リスク管理

・技術応用

・教育

・トレーサビリティ

・広報

 今回、気になったのは「テックビューロホールディングス(株)」「マーケティング最高責任者」「部会長」を務める「トークンエコノミー部会」です。

せんちょ
COMSA」や「mijin」などブロックチェーン技術の可能性を追求しているテックビューロホールディング(株)ですから適材適所ではないでしょうか。
名称  トークンエコノミー部会

部会長

 テックビューロホールディングス(株)
マーケティング最高責任者 福永氏

目的  ブロックチェーンを活用したエコシステム・ビジネスモデルのプランニングに貢献。トークンエコノミーの社会実装による新たな経済圏の創設

活動

内容

 定期的な勉強会の開催と参加メンバー間での情報共有。

 ブロックチェーンを活用したエコシステムやビジネスモデルの研究、検討、実験についての発表や議論の実施

 


せんちょ
他の部会も見てみましょう
名称  金融部会
部会長 (株)Unitedly 代表取締役社長 松田 氏
目的  金融関連業務へのブロックチェーンの適用を検討し技術の普及を図る。

活動

内容

 定期的な勉強会の開催と参加メンバー間での情報共有。

 金融業界に特化したブロックチェーンコミュニティーとして活動。

 

名称  スマートシティー部会
部会長 (株)Nayuta 代表取締役 栗元氏
目的  スマートシティーやIoTへのブロックチェーンの応用に関する技術交流・情報共有、社団法人の立場での実証実験の実施
活動内容

 定期的な勉強会の開催と参加メンバー間での情報共有。

 スマートシティーやIoT領域に特化したブロックチェーンコミュニティーとして活動。

 

名称  リスク管理部会
部会長  (株)Geolocation Technology 代表取締役社長  山本氏
目的

 仮想通貨・ブロックチェーン業界における反社・反市場的勢力に関する リスク対策の共有、ノウハウ提供、意見交換等を通じた知見の蓄積。

 新規加盟申請を行ってきた企業に対する信用調査体制の強化。

活動

内容

 月一回程度の部会の開催と参加メンバー間での情報共有。

 リスク対策に特化したブロックチェーンコミュニティとして活動。

 

名称  技術応用部会
部会長  インフォテリア(株)
 ブロックチェーン事業推進室 副室長 森氏
目的  ブロックチェーンを応用してシステムやサービスを開発できる技術者の育成

活動

内容

 月1回程度の部会の開催と参加メンバー内での情報共有。
 技術者同士の技術の向上を目指すコミュニティとして活動。

 

 

名称  教育部会
部会長  (株)オウケイウェイヴ 代表取締役社長 兼元氏
目的  ブロックチェーンを応用してシステムやサービスを開発できる技術者の育成

活動

内容

 安全で安心な情報流通を推進するため、ブロックチェーンに関する技術や知識の習得とその推進

 ブロックチェーンに関する講義(ブロックチェーン大学校と協働)

 技能検定(一般財団法人ブロックチェーン技能認定協会と協働)の運営。 

 ブロックチェーンにおけるその他の教育活動の検討・模索。

 

名称  トレーサビリティ部会
部会長 (株)電通国際情報サービス
オープンイノベーションラボ プロデューサー 鈴木氏
目的

 ブロックチェーン技術の耐改ざん性をいかした公正なトレーサビリティを様々な業界へ普及啓発及び実装することと。

 トレーサビリティと関連付けられたトークンエコノミーの設計及び構築に向けた社会実験の実施

活動

内容

 定例的なセミナーの開催を通じた知見の共有

 農林水産/製造などの業界関係者との協業による社会実験の実施

詳細

内容

 有機農業発祥の町、宮崎県綾町で行っている野菜にブロックチェーン技術で管理した生産情報を付与する社会実験の紹介とその効果

①なぜBlockchainの本質はトークンエコノミーなのか

②公正なトレーサビリティやトークンエコノミーによるイノベーションとは何か

③公正なトレーサビリティにより企業にどんな影響がありどんな対策が必要になるか

④EU圏で広がるエシカル消費と公正なトレーサビリティの関係性とは

⑤倫理的でない企業が衰退する理由とは


 

3.せんちょからみんなに伝えたいこと。

せんちょ
 部会長の企業名や業種を確認すると部会の内容と密接にリンクしていることがよくわかります。

 企業の実証実験などの取り組みを見ると海外と比べて見劣りしないはずなのに活気がないように見えます。

 仮想通貨の価格や規制に振り回されて「ブロックチェーン」本来の可能性が置き去りにされています。

 素晴らしい技術のはずなのに「悪者扱い」されてしまうのは本当に残念です。

 ブロックチェーン推進協会の普及・啓発が広がり良いイメージとなってくれることを心から願います。

 私は「ブロックチェーン推進協会」を応援しています。


4.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


 

仮想通貨に

Insert Coin

 


 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。



仮想通貨ランキング

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。