(金融庁)仮想通貨に関する監督・監視「最近の進展と将来の課題」

せんちょ

 ザイフトークン大好きせんちょです。

 

 金融庁の方で一風かわった会議がありましたので覗いてみましょう。

 

 はじめての人にもわかるようにやさしく説明しますね。

1.ラウンドテーブルとは?

せんちょ

 今回、会議のタイトルはこちら!

 「暗号資産に関する監督・監視ラウンドテーブル 最近の進展と将来の課題」

 (“Roundtable on Supervisory Oversight of Crypto-Assets –Recent Developments and Challenges Going Forward-”)

 

 出典:金融庁ウェブサイト https://www.fsa.go.jp/news/30/virtual_currency/20181009.html

 出典:金融庁ウェブサイト https://www.fsa.go.jp/news/30/virtual_currency/20181009.htmlを元にせんちょ作成。

 

 タイトル長い 笑

 

せんちょ

 ラウンドテーブルを簡単に言うと「円卓」という意味になります。

 自由な意見を出してもらえるようにあえて円卓にしています。

 円卓ですので「上座などもなく序列もなく」お互いの顔を突き合わせて話すことができるため、議論が活発になります。

 

 

 今回の議題は主に4つでした。

・暗号資産に関する技術的な進展と課題

 

・暗号資産取引プラットフォームの監督

 

・国際協調が可能な分野

 

・投資者保護及び市場の公正

 この会合は非公開であり、継続的に行っていくようです。

 

2.せんちょからみんなに伝えたいこと。

せんちょ

 こんな感じの会議もやってるんだなぁーみたいな感じで思っていただく程度でよいかと思います。笑

 

3.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


 

仮想通貨に

Insert Coin

 

あわせて読もう関連記事

金融庁 第1回「仮想通貨交換業等に関する研究会」について

金融庁 第1回「仮想通貨交換業等に関する研究会」について(Zaif)

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。