「mijin」の技術を使った勤怠管理アプリとは!?

せんちょ

 ザイフトークン大好きせんちょです。

 

 プライベートブロックチェーン「mijin」の技術を使った勤怠管理アプリについて告知がありました。

 

 はじめての人にもわかるようにやさしく説明しますね。

 

1.「mijin」を利用した勤怠管理アプリとは?

せんちょ

 かんたんに言うとタイムカードでやっているような「出勤」「退社」などを管理できるアプリです。

 ブロックチェーン技術を使っていることから改ざんしにくさを活用することはもちろんのこと、虚偽報告を防ぐことが期待できます。

 紙のタイムカードであれば以下のような事が起こる可能性があります。

・本来とは異なる「出退勤時間」記載する。

 (二重帳簿、長時間勤務隠蔽、賃金未払いの可能性)

 

・タイムカードを紛失する。

 (普通にありそう)笑

 

・コーヒーこぼして文字が読めなくなる。笑 

 

 今の時代は会社務めであっても「副業」を視野に置いた働き方が注目されています。

 実際に2つの会社で働くとなった場合、「本業の会社」からは「副業の会社」に行ったときの「勤務時間」が把握困難になります。

 なにかの拍子に「勤務時間」がタブってしまうような誤った報告や虚偽報告があるかもしれません。

 同一のブロックチェーン上で管理することによって、ダブり勤務のチェックをしやすくしたり、一度の出退勤入力で「本業の会社」「副業の会社」もお互いにわかるようにしたり、パソコン等でデータ処理や確認をしやすくすることができるのではないでしょうか。 


 

2.勤怠管理アプリが活躍できる場(その1)

せんちょ

 「勤怠管理アプリ」の実証実験についてmijinのホームページでインタビューに応えていたのは「パーソナルキャリア(株)」さんです。

 人材サービス企業であり、有名な転職情報誌「doda(デューダ)」の会社といえば分かるのではないかと思います。

 副業や人材派遣などでいろいろな会社に出勤するような場合、このアプリは「労務管理の効率化」に威力を発揮すると思われます。 

 難しい勤務形態でも対応できるかどうかの実証実験なのでしょうね。

 詳しい説明についてはインタビュー動画などが用意されていますのでそちらをご覧ください。

  「mijin」のツィッター及び動画サイトに告知されているものがこちらです。

   出典 https://twitter.com/mijin_io/status/1082411597925150722


 

 

3.勤怠管理アプリが活躍できる場(その2)

せんちょ

次に「勤怠管理アプリ」の実証実験についてmijinのホームページでインタビューに応えていたのは「日本情報通信(株)」さんです。

 「mijin」のツィッター及び動画サイトに告知されているものがこちらです。

 出典 https://twitter.com/mijin_io/status/1085016637345021954


 

4.せんちょからみんなに伝えたいこと。

せんちょ

 現在、mijinについては新バージョンV.2のライセンス提供が予定されています。

  

 テストを終えて市場に出てきた時のことを考えると心が躍ります。

 

 ブロックチェーンが普通に意識されず水面下で動いている世の中はもうすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

 勤怠管理アプリについては一度ベースとなるものを作れば、比較的に容易に他企業への転用ができるのではないかと思っています。

 普及が進んでいってほしいですね。

 待ち遠しくて仕方ありません。

 

 


 

5.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


 

仮想通貨に

Insert Coin

 


あわせて読もう関連記事

 

 

 

 

 

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。



仮想通貨ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。