ドラクエ10でおなじみのスクウェアエニックスからブロックチェーン発言飛び出す!?

↑よかったら使ってやってくださいね(^^;)

せんちょ

 ドラクエ10 金策大好きせんちょです。

 

 ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでおなじみ「(株)スクウェアエニックス・ホールディングス」の年頭所感(挨拶)からブロックチェーン技術を用いたゲームやプラットフォームに興味があるとの発言がありました。

 

 初めての方にもやさしく説明しますね。

 

1.年頭所感とは

せんちょ

 年頭所感(挨拶)はかなりの注目を浴びていて仮想通貨業界でも話題となっています。

 (株)スクウェアエニックス・ホールディングス」に記載されているものがこちらとなります。

 各見出しは以下のようになっています。

・技術の普及と応用、新サービスの創出への可能性

 

・新たなプラットフォームへの迅速な対応

 

・海外市場への積極的な展開を推進

 技術の普及と応用、サービスの創出への可能性」の中でブロックチェーン技術を用いたゲームやプラットフォームに興味があるとの発言がありました。

 内容については「仮想通貨」及び「ブロックチェーン技術」と合致するところが多く連携できたらいいなぁと思いますね。


 

2.悩むゲーム開発者や管理者について

せんちょ

 近年、ゲームはインターネットと接続しており「開発者」や「管理者」は以下のようなことに頭を悩ませているのではないでしょうか。

 ハッカーによる被害

 

・ゲーム内イベントの確率操作

 

・キャラステータス書き換え

 

・アイテムや通貨の不正入手

 

 

 リアルマネートレーディング業者(RMT)による被害

 

・インターネット上でゲーム内通貨の売買 (ゲーム規約違反)

 

・上記に伴い、ゲーム内経済バランスの崩壊

 


 

3.他社の取り組みについて

せんちょ

 「ゲームとブロックチェーン」に注目しているのは(株)スクウェアエニックスホールディングスだけではありません。

 

 GMOインターネット(株)もその1つです。

 こちらの方は2016年の時点から「テックビューロ(株)」と業務提携をしており「ゲーム用バックエンドエンジン」をブロックチェーン技術の「mijin」で実現しようとしています。

 現在「mijin」は「テックビューロホールディングス」が開発会社となっています。

 運用コストの低減、サーバダウン防止対策、不正操作対策などを利用のターゲットとしています。

 

 「GMOインターネット(株)にて告知されているものがこちらとなります。

GMOインターネットとテックビューロが業務提携

 

 ブロックチェーン技術によるゲーム用バックエンドエンジンを共同開発

 

 従来の半分未満のコストでゼロダウンタイムを実現

 

出典 https://www.gmo.jp/news/article/5146/

 

 各見出しは以下のようになっています。

・フィンテックの最新技術をゲームのバックエンドに応用

 

・ブロックチェーン技術によるゲーム用バックエンドエンジンについて

 

・キャパシティを超えても落ちないゲームへ

 

・ゲーム内データの不正操作を未然に防ぐ

 

せんちょ

 いずれの企業も共通していることは「ゲーム」と「ブロックチェーン」です。

 

 スクウェアエニックスについては「決済分野」にもふれています。


 

4.ゲーム業界がブロックチェーンに望むもの

せんちょ

 ドラクエ10のライトユーザーであり、仮想通貨保有者である私からみて、どのようなことが望まれているか考えてみました。

 システム関係

 

・サーバーや通信機器、バックアップ装置等の予備的設備の費用を削減したい。

 

・高負荷でもサーバーダウンしないようにしたい。

 (処理速度が遅くなってもいいから継続的であることを望む)

 

・複数者の承認が必要なシステムを構築し単独のハッカーではデータ改ざんできないようにしたい。

 

・ゲーム内通貨の流通の流れと流通させた人物や通貨を特定したい。

 (どのユーザーにどれだけの通貨が流れ、だれに送ったのか、被害者の通貨だったのか等)

 

 ※リアルマネートレーディングを規約等で禁止しているゲームが対象となります。

 

 

・不正操作を行ったアカウントを関連性のあるアカウントを特定したい。

 (通貨、アイテムがインターネットオークションで販売されているものか、バグと知りながらその行動を行ったのか等)

 

・特定の操作を繰り返し行うアカウントを特定したい。

 (ロボットによる自動レベル上げをしている等)

 

 

せんちょ

 オンラインゲーム等でありそうな不正利用の一例を確認してみましょう。

 

・送信パケットを解析し「大成功、大当り」といったイベントを任意で発生させる。

 

・乗り物を尋常じゃない速度や瞬間マップ移動させたりする。

 

・通貨の保有量を書き換える。

 

・通常では保有できないレアアイテムを保有させる。

 

・製作者の意図しないバグを利用した行動を行う。

 

・製作者の意図しない機能をゲームに追加する。

 

 (ロールプレイングゲームでいうところのバフの時間を可視化するソフト等) 

 

 

 経済圏創出関係

 

・ゲーム内で獲得したアイテムやポイント・通貨を現実世界のオークション等で売買、流通できるような新しい経済圏を創出したい。

 

・ユーザー人口が減少しサービスが終了してしまってもステータスや保有するアイテム等を閲覧できるようにしてデジタル資産的な価値を持たせたい。

 

 (思い出のデジタル化)

 

・国内だけでなく海外も含めたオンラインゲームを展開をして利用者の拡大を図りたい。

 (ゲーム購入のためのお金については海外で仮想通貨を購入、日本に送金、ゲーム会社が受取、日本円に換金できると良い。)

 

・eスポーツの優勝者が海外だった場合に賞金を手軽で迅速に送金したい。

 (ゲーム内通貨または仮想通貨の受け取りが可能なようにしたい。) 

 


5.せんちょからみんなに伝えたいこと 

せんちょ

 いろいろと確認してみましたが「インターネット」「ゲーム」「ブロックチェーン」というのは相性が良いように思います。

 「リスクの分散化」「ニーズの具現化」「セキュリティーの堅牢化」といったものが柱となっており、ゲーム業界がブロックチェーン技術に望むものはその技術の一部を使えば可能ではないかと感じました。

 

 非常に「親和性がある」ということでしょうか。

 簡単に言えば、なじみやすく必要時応じて拡張しやすいということになります。

 

 ブロックチェーン技術の「分散型アプリケーション、データーベース」がその役割を担ってくれるのではないでしょうか。

 仮想通貨やブロックチェーン業界でいえば、「イーサリアム」「NEM」「mijin」などが得意な分野なのではないでしょうか。

 

 ブロックチェーン技術の実証実験は数多くあれど「本契約しました」というものはあまり見ません。

 今年は「本格稼働しました」というブロックチェーン技術にたくさん出会いたいものです。

 これからもゲーム業界とブロックチェーン技術を応援しています。 

 

せんちょ

 「プロふくびき職人」だと自負していますが、わたしがこれでお金を稼げる日は来るのでしょうか 笑。

 

 将来、ドラゴンクエスト30ぐらいになってて、ふくびきも売れるといいなっ!のせんちょでした。 笑

 

 え?、もう死んでる?

 


 

6.せんちょからのおしらせ

せんちょ

 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W

 


 

ドラクエ10

ブロックチェーンに

Insert Coin

 


 

あわせて読もう関連記事

 

 

ドラクエ10で楽して7億稼ぐ金策(SPふくびき金策1万枚編)

ドラクエ10で楽して7億稼ぐ金策(SPふくびき金策1万枚編)

 

ドラクエ10で楽して7億稼ぐ金策(驚愕のガタラふくびき金策4万2,000枚編)

必見!ドラクエ10 金策 楽して7億稼ぐ金策(驚愕のガタラふくびき金策4万2,000枚編)

 

 

ドラクエ10で楽して7億稼ぐ金策(ふくびき金策ゴレオン将軍コイン編)

ドラクエ10 金策 楽して7億稼ぐ金策(ふくびき金策ゴレオン将軍コイン編)

 

 

 



 
 

 

 ドラゴンクエスト10に関する画像等については以下の著作物となります。

 ご利用にあたってはガイドライン等に沿ってのご利用をよろしくお願いします。

 
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
(P)SUGIYAMA KOBO

 

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。


仮想通貨ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。