経済産業省から「ブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービスに関する報告書」が公表されました。

せんちょ

 ザイフトークン大好きせんちょです。

 

 経済産業省から「ブロックチェーン技術」に関連する報告書の公表がありました。

 

 はじめての人にもやさしく説明しますね。

1.ブロックチェーン技術の可能性 

せんちょ

 経済産業省は「ブロックチェーン技術の可能性」に着目し、その技術を使ったコンテンツサービスについて検討を行ったそうです。

 詳細については以下の資料をご参照ください。

 経済産業省「ブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービスに関する報告書を公表しました。

 出典:経済産業省ウェブサイト

 https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190405006/20190405006.html

 出典:経済産業省ウェブサイト    

 https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190405006/20190405006.htmlを元にせんちょ作成。


2.コンテンツビジネスに関する検討

せんちょ

 気になる部分について私なりの解釈を交えて説明しますね。

 検討の背景

 

・誰もがコンテンツ制作者になれるプラットフォームが登場している。

 

・デジタル技術の権利管理・利益分配を行うことにより新たな市場を創出できるのではないか。

 

 検討の概要 

 

・権利管理・利益管理に必要なサービス・アプリケーションに必要な基本的機能の検討

 

・著作権法の著作権者や著作権隣接権者、制作に寄与・貢献した者等の可視化・定量化により利益分配を可能にする方法の検討

 

一例)音楽

・登録(権利・権利者の特定)

 無断使用・無断掲載等の行為を判別

 

・分配(権利者の利益分配)

 

・自動分配(2、3次創作等の場合に各権利者へ再帰的分配)

 

・寄与・貢献度等による分配率の最適化

 

・支払(スマートコントラクト等による利用者からの対価)

せんちょ

 人間が行っていた一連の行為をブロックチェーンやAIに代替させるような感じになってくるのではないでしょうか。

 


 

3.せんちょからみんなにつたえたいこと。

せんちょ

 

 ブロックチェーンの可能性を非常に感じている私ですが一方で危機感もあります。 

 

 今後もブロックチェーンやコンピューター技術はどんどん発展していき「人間でないとできない仕事」はどんどん減っていきます。

 西暦2,045年には「コンピューターの能力が人間を超える」と言われています。

 人工知能(AI)やブロックチェーンのスマートコントラクトにより人の力を借りることなく「判断」や「自動化」されていきます。

 私が生きている間に仕事がなくなるところまではいかないと思っていますが、子供たちが年老いた時に仕事は残っているのかなと心配したりもします。複雑な気持ちですね。 


4.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


仮想通貨にInsert Coin

 

あわせて読もう関連記事①

 

金融庁から仮想通貨関係の「疑わしい取引の参考事例」について情報提供がありました。

金融庁から仮想通貨関係の「疑わしい取引の参考事例」について情報提供がありました。

 

 
  

金融庁 第1回「仮想通貨交換業等に関する研究会」について

金融庁 第1回「仮想通貨交換業等に関する研究会」について

 
 
 

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。



仮想通貨ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。