「mijin」を医療分野で活用するためのプロジェクトが始まる!?

↑よかったら使ってやってくださいね(^^;)

1.オンライン医療ソリューション「楽医」とは?

せんちょ

 ザイフトークン大好きせんちょです。

 

 「mijin」を医療分野で活用するためのプロジェクトが始まったようですね。

 

 はじめての人にもやさしく説明しますね。

 「mijin」は2,015年に発表され、300社以上の企業に提供や実証実験などを行っている商用利用が可能なブロックチェーン製品です。  

「mijin」開発の流れ

Point.1
「NEM」を開発した優れた技術者が「テックビューロ(株)」に合流

 「mijin」が開発される。

Point.2
「テックビューロ(株)」が新型コアエンジンの開発に投資

 現在はテックビューロホールディングス(株)などが開発を行っています。

Point.3
「mijin Catapult (v.2)」製品版が公開される。
 

せんちょ

 テックビューロ ホールディングス株式会社と株式会社HealthCareGateが「オンライン医療ソリューションプロジェクト」を開始したそうです。

 

 病院受診から薬の受け取りまでの流れを一元化してタブレット端末等で支援できる仕組みを構築しようとしているようですね。

 

 プロジェクトは「楽医」と呼ばれているようです。

 

せんちょ

 このほかにも神奈川県産業振興センターが主催するイベント令和元年11月15日のFintech Venture-company Open Expo」において講演が行われるようですね。

 

 「mijinブロックチェーンを活用したオンライン医療ソリューション【令和の医療!受診改革〜薬を受け取るまでスマホで解決〜」というタイトルだそうです。

 

 テックビューロ ホールディングス株式会社が「企業向けブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」導入メリット」など「mijin」に関する講演をしているようですね。


2.せんちょからみんなに伝えたいこと。

 

せんちょ

 まだ実証実験の段階ということではありますがシステムとして完成し「広くに使われる」ことが大事になってきます。

 

 薬の管理だけにとどまらず、病院に行くことが困難な人のオンライン受診等、実用化につなげていってほしいものですね。

 


3.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W

 


あわせて読もう関連記事

 

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。



仮想通貨ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。