(確定申告)よくわかる!仮想通貨の収支計算(新規売買編)

 

せんちょ

 ザイフトークン大好き、せんちょです。

 今日は仮想通貨の売買における収支計算について話をしたいと思います。

 初めての人にもわかるようにやさしく説明しますね。

 なお、この計算方法については、平成30年9月現在のものであり、今後変更される可能性があります。

 収支計算が必要となった場合は、国税庁及び税理士さん等の情報確認を行ったうえで実施してください。

1.仮想通貨の収支計算について

せんちょ

 ちょっと、これを見てもらえますか?。

 下の表を見ると仮想通貨は手元に残っていて含み益でなおかつ、マイナスだから利益は出てないと思いませんか?

 

 

取引種別

金額

(円)

枚数

(ZAIF)

売り 600万  550万枚
買い 700万  750万枚
-100万 (売り-買い)
※上記の金額は、説明上の仮定の数字です。笑

 

せんちょ

 

 税理士さんに相談したら恐ろしいことがわかりました。

 上がった時に売って、その後仮想通貨の価格が下がったとしても、利益は利益、そのままほっておくと過少申告となってしまうことがわかりました。

 


2.仮想通貨に関する所得の計算方法について(国税庁)  

せんちょ

 国税庁さんの情報が出たのでそれに合わせて計算しました。

  

国税庁の所得計算方法を見る(ここをクリック)

 出典:金融庁ウェブサイト https://www.nta.go.jp/law/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf 

 出典:金融庁ウェブサイト https://www.nta.go.jp/law/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdfを元にせんちょ作成。

 


3.総平均法による収支計算について   

せんちょ

 今回の収支計算については以下を組み合わせて計算しました。

 

 

 

 ふむふむ、つまり、こういうことですね

 せんちょは移動平均法と総平均法どっちを使うんですか?

①「買いの平均単価」を算出する。

 

②「売りの枚数」をかけて「購入したコインの原価」とする。

 

③「売った金額」―「購入原価」=利益額とする。

 

せんちょ

 

 私は税理士さんと相談して簡易な「総平均法」を使うことにしました。

 万が一、今担当してもらっている税理士さんが退職したとしても私でも計算できますしね。

 

 ただ、総平均法はあくまでも簡易的な計算方法なので移動平均法のように取引のつど計算しているものにくらべて、精度が落ちるようです。

 

 細かい話は税理士さんや所管の税務署さんと相談してくださいね。

 

 継続的に使用することを条件に利用を認められているといった感じですね。

 毎年、計算方法を変えていると、怒られることがありますので注意してくださいね 

 いろいろな情報については国税庁さんからも入手できますのでご覧ください。

 


 1) 仕入平均単価の算出

買金額

(円)

買量

(ZAIF)

平均単価

(円)

①÷②

700万 750万  0.93
 *計算をわかりやすくするように数字は仮のものです。
 私の保有量ではありません。笑

 
 

 2) 仕入額の算出

平均単価

(円)

売量

(ZAIF)

仕入額

(円)

①×②

0.93 550万 511万

「買った枚数」ではありません。


 

せんちょ

 特に注意すべきは以下の項目です。

 ここはよく間違えると税理士さんから指摘を受けました。

 

 仕入れ額の算出については 「平均単価」×「売り量」=「売った分に対応する仕入れ原価」であるということです。

 「売った枚数」に対応する「仕入れ額(購入価格)」ですので、お間違いないようにお願いします。 

 

 3) 利益額の算出

売金額

(円)

仕入額

(円)

利益額

(円)

①-②

600万 511万 89万

 

せんちょ

 

 含み益だと思われていたものが、89万円の利益になるんです。これは驚きですね。

 

 税理士さんと契約してなかったら私もニュースの種になっちゃうところでしたよ。


4.税金分まで使っちゃったことについて

せんちょ

 上がった時に売って、下がった時に買い戻す「回転」をして、コインが増えたのはいいんだけど、

 税金で納める分まで、投入しちゃったから、現金が手元にない!、貯金を崩して支払うはめになったよ。

 

 買い増しは計画的に! 涙

 


 

5.せんちょからみんなに伝えたいこと。

せんちょ

 今回の収支計算はあくまでも一例です。

 税理士さんの確認を受けて提出した確定申告と自力でやった確定申告。

 税務署の方はどちらを調査をしたほうがより、税金を徴取する余地があるかと考えるでしょうか? 

 お金がもったいないからと、自分だけでやることは非常に危険です。

 数万円をケチったばかりに人生を棒に振ることになるかもしれません。

 収支計算、確定申告などについては、計算方法等が変更となる場合があるため所管の税務署、税理士さんなどとよくご相談のうえで適切な処理を行ってください。

 ぜひとも税理士さんとの契約をおすすめします。

私が今回の件で特に伝えたいことはこちらです。

 

1 ) 海外の取引所は避ける。 

   (時価の算出が困難なため)

 

2 ) 回転したら税金分の確保をする。

 

3 ) 取引する銘柄は5つ程度にする。 

  (収支計算書が複雑になる)

 

4 ) 売買とチップは別会計

 

 

 個別の相談は税理士さん等の有資格者しかできませんの私へ相談いただいてもお答えできませんのでご理解ください。


 

6.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


 

仮想通貨にInsert Coin

 


 

 

あわせて読もう関連記事

 

 

 



 

 

 

 

免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。

 


仮想通貨ランキング

2 Comments

nakario

勉強になります♪一応計算の方向性は合ってて良かったです(^^)
今回は微増益なので、なんとかなりそうですが、さすがに来年は税理士さんに依頼しようかなw

返信する
ネモせんちょ

初コメントありがとうございます!
ほんと、税理士さんの知識はすごいですよ、驚愕でした。
伊達にバッチ持っているわけではないですね。
税理士さんは節税のノウハウもおしえてくれますから、知識をお金で買えると思えば安いものです 笑

返信する

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。