仮想通貨の平均単価を下げる方法

 

 

 ザイフートークン大好き、せんちょです。

 今日は私が使っている「単価入替法」について話します。

 

1.「単価入替法」とは

 せんちょ、前からお願いしてるのになかなか書いてくれませんよね。笑

 

 

 みんなやりだしたら私がやりにくくなるじゃん笑

 基本的に単価入替法は

 「下から上がって原資分のみ開放」

 「上から買い下がって単価下げ」

 の2つのパターンがあり、

 私はこの二つを合わせてつかう事を「単価入替法」と呼んでいます。


2.「下から上がって原資分のみ開放」

 

 上昇トレンド時におけるやり方について説明しますね。

 例えば以下のように何回か購入したとします。

 購入枚数と金額を集計します。

購入

(円)

枚数

(万枚)

金額

(万円)

①×②

平均

(円)

 

100 100  
1.5 100 150  
100 200  
計   300 450 1.5

 300万枚の仮想通貨を

 1.5円で買ったことになります。

 

 そして買った仮想通貨が2円になったら

 あなたならどうしますか?

 私ならこうします。

 購入した金額分(原資)に相当する枚数を算出し売却します。

 この場合、225万枚になります。

購入

(円)

枚数

(万枚)

金額

(万円)

1.5 300 450
225 450

 

「増えた枚数と利益額」

残った分

の単価

(円)

残った量

(増えた量)

(万枚)

残った分

の金額

(万円)

75 150

 

 原資を回収できたという事は、再投入する資金が手元にある状態となります。

 


 

3.「上から買い下がって単価を下げる」

 

 下降トレンド時におけるやり方について説明しますね。

 例えば以下のように、単価が下がっている場合は買い増しして単価を下げるやり方です。

購入枚数と金額を集計します。

購入

(円)

枚数

(万枚)

金額

(万円)

①×②

平均

(円)

 

100 200  
1.5 100 150  
200 200  
計   400 450 1.1

 最初、2円だった仮想通貨は、買い増しするごとに単価を下げて1.1円で買ったことなります。

 ただし、どこまで価格が下落するかわかりませんので、十分な見極めが必要です。


4.せんちょからみんなに伝えたいこと。

 

 このやり方を推奨するものではありませんが、こんな方法もあるだなぁーと知ってもらえれば幸いです。

 下落相場が止まらない状況や長期保有するには向かないFXでやると被害も大きくなる可能が多分にありますので注意してくださいね。

 損切後、この方法で買い増しすると「損益確定」後に買い増しても損益だけ残ったままの場合もあるので「元の平均単価」を確認したうえで使った方がよいでしょう。

 使い方には注意が必要です。

5.せんちょからのおしらせ

せんちょ
 せんちょのLine@はじめました!

 フォロワーさんからブログ更新のツィートが流れる埋もれるとの話がありましたので通知用のラインを用意しました。

 よかったら下記のリンクから友だち追加してみてくださいね。

 

友だち追加

 https://t.co/kXIRSmLf6W


 

仮想通貨にInsert Coin


免責事項

 当ブログが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。

 これらの情報をあなたが利用することによって生じる、いかなる係争・損害等に対しても一切責任を負いません。

 ご利用にあたっては自己責任でお願いします。



仮想通貨ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。